ジャペック児童英検の日を迎え、生徒の姿にうるうるきそう!

本校においてジャペック児童英検の本試験の日を迎えました。
6級 7名
5級 12名
4級 11名
3級  9名
2級  7名
1級  6名

朝9時からスタートし、4時半まで。只今は、2級のリスニングテストの最中です。
真剣なまなざしで生徒は、CDプレーヤーから流れる英語を聞き取り問題に
答えています。リスニングの後はスピーキングテストに挑みます。

配分は、リスニングが7割、スピーキングが3割。リスニングとスピーキングに
重きを置いた検定で、自教室で英会話レッスンを受講する生徒の力試しには
最適だと考え、年に1度はチャレンジいただき、成長度を確認いただいています。

このような固まった量の英語を聞き取る機会は非常に重要で、検定を受けること自体が
トレーニングです。このような検定を通して大きく成長する生徒の姿を見てきましたので
今回も皆の頑張りを期待しています。

児童英検より、一足飛びに実用英検にチャレンジして、手っ取り早く実用英検の級を
とっていきたいという相談を受けることもあります。そうは、描いたようにはいきません。
実用英検は、文法や読解などさらに高度な英語力が必要となります。実用英検に挑むには
そもそも英語が読めるようになることが大切です。

メイクウエイの指導は、英語を聞く、話すの活動を通して、英語の音に気付き、慣れていく
プロセスを重要視しています。その段階を通して、音と文字の関係性に気づき、自然に
英語を読めるようになるところまでサポートいたします。

ですから、本日の児童英検はそのプロセスをスモールステップで着実に進むことができますので
結果、生徒の自信につながります。検定を受けた生徒の顔からは、「自分はやりぬいた!」という
誇らしささえ感じ、私は感動のあまりにうるうるきそうになるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です